強制PIN変更ツールのエラー原因と対処法

Windows10をアップデートしたら、Windows起動してログイン直後に強制PIN変更ツールで「ミニドライバが読み込めませんでした。」のエラーが出るようになった。
困る。
毎回、困る。
何か悪さをするわけではないけど邪魔。
試行錯誤して解決しました。

タスクバーで右クリックすると「ForcePIN」という名前のプログラムらしい。

検索すると、同じように困った人が大勢いるみたい。
会社で使っている三井住友銀行の法人向けサービス「ValueDoor」でICカード認証にしているので、そのドライバをインストールしたときに入ったツールみたい。
本来は初回にICカード使うときに、PINを変更しないとサービスを使えない仕様になっているので、そのためのツールですが、すでにPINは変更しているので不要です。
対処としてはドライバを削除している人もいましたが、スタートアップにある「ForcePIN」を無効化しました。

タスクマネージャーでスタートアップタブから「ForcePIN」を選択、右クリックで無効化しました。
これで安心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です